suneschooooooooooooool

avaschoolブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

基本的なこと

ほんとに最近みんな基本的な事が出来てない気がします。

連携とか作戦云々ではなく個々の動きがおかしい。

少数爆破はレベルが落ちたとはいえ、まだまだ勉強にはなるのでいったほうがいいです。


守り開幕として、まずは味方の様子(配置、兵科)をみましょう。

野良なので、まずは穴ができないよう(裏を取られないよう)な位置に行きましょう。

そしてなるべく顔は出さず、待つのが賢明です。無駄に顔を出すと多対一になりやすいので。

突って来ないなら情報収集(周辺の敵の数、兵科、投げ物の消費量等)して、出方をみましょう。

味方の人数が減ってきたら、なるべく味方と一緒に行動しましょう。一人で行動して穴が出来てはあなたが戦犯になります。

もしひとりになったら、まずは冷静に音を聞きましょう。

そこから敵の位置、兵科を割り出し、勝つプラン イメージを浮かべます。

大体こんな感じ

今自分CT、丸グレ、黒モク一個

DS2設置されて相手はSR、AR2 UAVはない。

音からして一人白コンはわかってる。 となるとSRがフォークリフトでもう一人は黒コン裏あたりだな・・・

とまぁ経験則からあいての動きを予想します。

まずは黒コン裏に丸グレをほって削りろう・・・ そこから坂下モク炊いてSRの斜線潰しつつ、白コン決め撃ちで削ってSRとタイマンに持ち込もう・・・

このようにあくまでできればいいなぁという感じの流れを想像し、実行します。

この想像力、行動力こそ絶望からチームを救うファインプレーとなるのです。

基本的に設置してから、されてからの一対多は

いかに一対一を作っていくかにかかります。

難しいですが、経験を積み重ねるしかありません。




攻めではSRならなるべく味方より先にみてあげましょう。

SRは相手にとって、脅威です。顔を出してきたところをおいしくいただきましょう。

対SRはなるべく勝負しないのが吉。


PMではとりあえず拠点(地下、冷却等)に突りましょう。拠点を取れてる取れてないでは、野良 CW関係なく有利不利をつくってしまいます。

最高速で突って、拠点を確保しましょう。

それからはPMならではの穴作り、釣りをすることによってチームを勝利へと導きましょう。



そしてRM

まずはついていく人を決めます。誰でもいいわけじゃなく、なるべく自分よりいい動きをしている人を選びましょう。

そしてそのひとが見ていないところを見てあげましょう。

これだけでかなり勝率はあがります。

自分勝手な行動をしてやられるだけではなんの経験ももらえません。それなら殲滅いけばいいだけなんで。

もし、ついていってた人がしんだら、とりあえず味方の多い位置にいきましょう。

そこからラジチャ等でいっしょに行動するといいでしょう。自分が前に出て削るもよし、味方のカバーをするもよし。

所詮野良なのでついてきてくれるかはわかりませんが、芋芋してても仕方ないので、自分は前に出ることをおすすめします。


ざっとまぁこんな感じですかね。

なるべく入る部屋は平均レベルが自分より少し上のところを選ぶといいでしょう。

下の人と一緒にしてもなにも得られないので。


最近ずっとこればっか聞いてテンションあげてます。

スポンサーサイト

PageTop

修正後の武器選択について

M4が弱体化されて、結構安定銃(特にM4)を使っていた私には今回の修正はとてもつらくなりました。

安定銃の魅力はHSの出しやすさ、故にM4のばらつき加減は多くの人に影響を与えたでしょう。

HSダメージがあがったとはいえ、HSに入れやすかったのがM4 新たなパートナーを探してる人も少なくありません。

そこで今後活躍しそうな安定銃について考察してみました。


1 FA-MAS.MK3

RM中最高峰の連射力をもち、初弾の精度も高い リコイルも容易である。

私の中での1番の候補で、初弾HS以外すべて胴撃ちという感じでかなり溶ける。


2 FN-F2000

移動撃ちのしやすさはぴか一 しっかり削れる印象を持つ。

首あたりを狙って移動しながら撃つと強い。カバーのしやすさもかなりのもの。


3 Remington R4

今修正で一番輝きを増した武器ではないでしょうか。

威力、精度、連射 オールマイティーだが4点、5点でないとバラけてしまう。

かなり注目度は高い。

4 AK47 MK.3

精密度の高さは一品級。だが連射、防具への吸収されやすさなどで使用者は未だに少ない。

座って右クリックでレーザー。



ここからはRSTで使えない武器である。


5 XM8

アメリカにてチート武器と言われている武器。が、アメリカは防具の使用率が低いため日本では微妙。

精度は低いが威力はなかなかのもの。R4と同じく4点とかで切るのが吉。


6 AMD65

AIMモードでの精度は抜群+連射が落ちない。

元から強武器ではあったがさらに格上げされることに。ジャンプ撃ちでも開かないのでやばい。


総合的な判断では(上記以外のBR等含む)
FG42>PARA>>>FAMAS>>AMD>R4>>F2K>AK=M4  ※あくまで私の中での評価です。

PARAの移動速度低下はやはり大きい物で、FGが舞い戻ってきた気がします。

しかし、今回の修正で余計PARA一強が濃いくなりました。

そもそもM4を修正する必要があったのでしょうか。

私はPARAをはずして、他の武器の可能性を広めるべきだと思います。というよりBRはM14でいいと思います。

PARAも極めれば楽しいですが、ちょっとこれはまずい気がします。

PageTop

向上心とは

風呂入ってたら色々考えれたので書きます。

向上心とは・・・現在の状態に満足せず、よりすぐれたもの、より高いものを目ざして努力する心。
                      
と記されている。

まさにその通りである。だが勘違いしないで欲しい。

向上心≠モチベーション≒テンションである。

確かにモチベーションあっての向上心であるが、今の自分に満足しては向上心は生まれない。


私から見ると、今の君達が抱いているのは興味心にすぎない。

自分がしているゲームと関連あり、面白そうというだけで参考にはするが肝心な時に出てこない。

あなたが学習してきた物はなんだったのか。

たかがゲーム、されどゲーム ゲームに本気になれないでいつ本気になるの?



ってなんかどっかのブログに書いてた気がした。

まぁでもその通りだと思う。仮想空間ですら本気になれないのはそうとう現実が充実してるか、やる気がないか。

まぁ現実を充実させるためには本気で生きないとね。


とりあえずともさん 合格おめでとう。

まぁさすがに前日もAVAして落ちたとかやったら、なにしてんの?(呆れ)になってたなww

んで落ち着いた所でmumbleのボリューム上げたほうがいいで

報告しっかり聞かんと理不尽な死に方になるで


そして頭の薄さで悩んでる子がいます。どうか助けてあげてください。つ

PageTop

昨日のやつ

昨日3月13日

いよいよ待ちに待ったアップデートがされました。

個人的には40点という所でしょうか。


まずは武器の修正

デスモ、m4、ak200は集団性が悪くなりました。が、デスモはそこまでだと思います。m4は産廃までとは行きませ
んが

かなり使いづらいでしょう。

paraは足がかなり遅くなりましたね。故にhsが出しやすくなったと思います。


次にマッチの改善、チャンピオンシップの実装

完全に7先取限定、TK強制になりました。アスランもHOTに追加されましたね。+で護衛も追加されました。

これはルールフリーを意識して作られた感じですが、ライトユーザーとしては5先取もほしいところですね。


そして私個人として一番気になったのが、撃たれた時のエフェクトです。

もともと画面枠が赤くなるのがさらに強調され、半分ぐらいを覆い尽くしてる感じがします。

これによりさらに先に当てることにより有利に撃ち勝てると思います。

しかし私は反射神経×、回線×によりすごく不利になった感が否めないです。

でも飛び出しのラグは軽減された感じがしなくもないです。


他にも付箋追加、オートラジオチャット等、便利な昨日も追加されました。

85度視野角ですが、まだ試験運用中なのかバグだらけです。

かなり使いづらく、使ってる人はいないでしょう。


あと暗い所が明るくなってたりしてましたね。DSはかなり明るくなってました。



まぁ・・・ なんというかゲームプレイ中の機能は別に前のままでよかったんじゃね?と思いまして40点です。


OSU日記 ランキング気にし始めた今日この頃

PageTop

圧倒的力差・・・!

最近みなさん野良してますか?

未満が一般にうじゃうじゃいるからやる気がおきないのはわかりますが

ならばマッチで強い人とやればいい。

そうすることで自分も上手くなれるし、負けてイライラすることも少なくなる。

なかなか自分のプレーが出来なくなってしまうが、逆に先陣を切って前に出ることによって気持ちよく勝つことができるでしょう。

理由はやってみればわかります。

osu!日記3ヶ月目 すーぱーgdgd

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。